• d365

    Microsoft Dynamics 365

    Dynamics 365 は Microsoft の次世代
    インテリジェント ビジネス アプリケーションです。

Microsoft Dynamics 365へのアップグレード

Microsoft Dynamics 365へのアップグレード

ERPとCRPに言及する際には、旧バージョン利用に伴うリスクを排除することについて考えることが重要です。

Dynamics 365(旧称AX7)は常に最新アップデートを提供する機能を備えています。
Dynamics 365 にアップグレードし、SAGlobal の業種別ソリューションと合わせて、ERP + CRM のメリットを体験できます。

Microsoft Dynamics 365アップグレードの利点

Dynamics 365への移行には、大きな利点があります。

すべてを列挙することは難しいですが、より重要な利点の一部には次のものがあります。

アクセシビリティの向上

Dynamics 365は、以前のDynamics AXバージョンのように、リモートデスクトップ/ CitrixおよびEnterprise Portal(SharePoint)の必要性を排除し、純粋なブラウザベースのユーザーインターフェイスを介した、より単純化されたアーキテクチャを提供します。

クロスプラットフォームUIのサポート

Dynamics 365は、任意のデバイス(PC、タブレット、電話)、任意のプラットフォーム(Windows、Macなど)、任意のブラウザ(IE、Chrome、Safari、Firefoxなど)で実行できるネイティブのHTML5ブラウザベースのユーザーインターフェイスを使用します。これにより、任意のタイプのユーザデバイスからのアクセスが可能になります。

ITメンテナンスの削減

Dynamics 365をクラウドに導入する場合、メンテナンスが必要な社内サーバーやシステムを排除するだけでなく、基盤となるプラットフォーム(Windows、SQL Server)およびアプリケーション自体の監視と更新(設定による)をMicrosoftが担当します。このサービスは、ITスタッフがERPシステムをメンテナンスする負担を軽減します。

最新の情報に簡単にアクセス

D365クラウドパラダイムに移行することで、数年ごとの大きなバージョンアップを回避できると共に、簡単でコスト効率の良いプラットフォームの更新(3ヶ月ごと)とアプリケーションの更新(6ヶ月ごと)が可能になります。

機能強化

MicrosoftはDynamics AXのR&Dに長年にわたって積極的に投資しており、Dynamics 365ではお客様が利用できる更なる機能とケーパビリティを高めています。

リアルタイムのビジネスインテリジェンス

Dynamics 365にはリアルタイムのインメモリBIソリューションが含まれており、データを視覚化するための新しいツール(Power BI)を使用して、ビジネスの状況に関する最新の情報を提供します。

プラットフォームの革新

Dynamics 365に移行することで、Dynamics CRMおよびOffice 365の共通データモデル、モバイルアプリケーションの作成に便利なPowerApp、ワークフローを簡単に作成するためのFlow、 Cortana Intelligence Suiteを使用した高度な分析シナリオを利用することができます。

クラウドのDynamics 365にアップグレードする必要はありますか?

クラウド型のDynamics 365にアップグレードすることは必須ではありません。 しかし、マイクロソフトは、クラウドへの移行にはいくつかの明確な利点があると考えています。 また、利点を追求する以外に、あなたが現在利用しているDynamics AXのバージョンのサポートライフサイクルを考慮する必要があります。現在、Dynamics AX 2009、Dynamics AX 2012、およびDynamics AX 2012 R2を使用している場合、メインストリームサポート期間は2018年に終了します。

Dynamics AXをメインストリームサポートサイクルの外で活用することのリスクを検討することにより、このサポートの有効期限が切れる前にDynamics 365にアップグレードすることの必要性をお分かりいただけるのではないかと考えます。 Dynamics AXサポートライフサイクルの詳細については、https://support.microsoft.com/en-us/lifecycleを参照してください

主な変更点

アプリケーションやサードパーティシステムとのインターフェイスをクラウド内でカスタマイズすることができます。これはDynamics AXの大きな特長であり、同時にクラウドの特長でもあります。 アプリケーションをカスタマイズする方法は多少変更されています(コーディングはレイヤリングの代わりに拡張機能を介して行われます)。

サードパーティシステムとの統合に使用される特定のツールがわずかに変更され(OData接続、RESTful Webサービス、JSON、DIXF)、アップデートを簡単に実行できるようになりました。

しかし、固有のニーズに合わせてアプリに変更を加えたり、外部のシステムやデータソースと連携するためにデータを変換できるような柔軟性は、損なわれていません。

システムを Dynamics 365 にアップグレードする一般的なプロセス

Dynamics 365 にアップグレードする一般的なプロセス

SAGlobal は、以前の Dynamics AX バージョンから Dynamics 365 にクライアントをアップグレードするプロセスを開発しました。

このプロセスには、評価フェーズ、分析フェーズ、テクニカルアップグレードフェーズ、準備フェーズ、およびカットオーバーフェーズの5つの主要フェーズがあります。

これらの段階の主な活動は、図で詳しく説明されています。

SAGlobal は、お客様との1対1のディスカッションを行い、さらに詳しく説明します。

  • Dynamics 365 へのアップグレードのコスト

    お客様の環境によってコストは異なります。
    Dynamics AX 2009 または Dynamics AX 2012 を現在使用しているかどうかによって、大きく異なる場合があります。

    Dynamics AX ソフトウェアのライセンスを移行し、Dynamics 365 のサブスクリプション料金を支払うのとは別に、アップグレードを実行する SAGlobal に対し機能的/技術的コンサルティング料を支払う必要があります。
    アップグレードの最初のステップは、SAGlobal が詳細なアップグレード分析をおこなうことです。ここでは、コード、データ、インターフェイス、レポート/ BI コンテンツ、およびビジネスプロセスを分析して、詳細な業務および戦略のステートメントを提供することで業務のアップグレードを行います。

    Microsoft Appsource

  • Dynamics 365 へのアップグレードにかかる時間

    かかる時間は企業のアップグレードの性質によって異なります。
    すべてのお客様に適用される回答はありません。
    たとえば、貴社ではビジネスプロセスの部分的な最適化として Dynamics AX システムの Dynamics 365 への更新をおこないたいのでしょうか。
    それとも、このアップグレードを機に、現在のビジネスプロセスの大幅な改善を検討しているのでしょうか。

    また、技術的な問題も関係します。
    たとえば、現在D ynamics AX をほとんどそのまま使用しているでしょうか。
    あるいは、アップグレードに際して再検討の必要があるようなカスタマイズ、インターフェイス変更、レポート/分析機能の開発を行ったでしょうか。

    Dynamics AX をほとんどそのまま使用し、ビジネスプロセスの変更を最小限に抑えることを考えている場合では、アップグレードにはわずか2〜3か月しかかかりません。
    しかし、多くのカスタマイズがあり、コアのビジネスプロセスを再設計する機会としてアップグレードを利用する大規模な組織の場合、アップグレードプロセスには、再設計のために時間と労力を要し、6〜9か月かかることもあります。
    SAGlobal は、多くの場合平均して3〜6カ月の期間を見積もっています。

    クラウド型の Dynamics 365 をプラットフォームにすると、アップデートの計画、テスト、および実行のタイムラインは数日または数週間となり、Dynamics 365 への最初のアップグレードのように数ヶ月もかかることはなくなります。

    Dynamics 365 にアップグレードする際のタイムラインの詳細については、こちらからお問い合わせください。contact us.

ユーザートレーニング

ユーザートレーニング

従業員の皆さんが Dynamics 365 を使用する準備ができているか確認することは、アップグレードプロジェクトの重要な要素です。

SAGlobal は、プロセスの非常に早い段階から始まるトレーナーモデルから、Go-Live前の準備段階における実践的なエンドユーザートレーニングまで、さまざまなレベルのトレーニングを支援します。
Microsoft は、ユーザートレーニングのためにタスクレコーダーの最新バージョンを提供しています。
タスクレコーダーは、プロセスを記録し、トレーニング手順を含む Word 文書を生成することもできますが、最新バージョンでは、記録の編集し易さが改善され、Dynamics 365 のユーザーインターフェイス上で、プロセスの手順を直接表示する機能が追加されました。
これは、Dynamics 365 の使用方法をトレーニングするために非常に有効なツールです。

Dynamics AX から Dynamics 365 for Operations(AX7) へのアップグレード

よくある質問(FAQ)

このドキュメントは、Dynamics AX 2009 および Dynamics AX 2012 から Dynamics 365 for Operations(旧称AX7)へのアップグレードに関するよくある質問をまとめました。下記をクリックして、各質問と回答をご覧ください。

READ MORE
Share this page:

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
Phone: +81 3 6261 3901
Select Country
Contact Us

Select Your Local Website

Other Websites